人為的な温室効果ガス

地球温暖化問題は「二酸化炭素やメタンなどの人為的な温室効果ガス」が主な原因として挙げられています。

なぜ「人為的」かといいますと、この二酸化炭素やメタンといった温室効果ガスが人間の活動によって発生しているものだからです。

温室効果ガスを発生させる活動の大きなものとして「石油や石炭などの地下資源を利用する」ことがあげられます。

約250年前に起こった産業革命以降、地上に存在しなかった「地下資源」を掘り起こしてエネルギーに変え、加工して製品を作ることを繰り返してきました。

その量は莫大なものとなり、大量生産、大量消費、使われない製品などの大量廃棄が行われました。この現代の仕組みが「人為的理由」の大きなものとなります。

つまり、大量に使われる資源は地上に存在しなかったものなので、地下に眠っていたはずのCO2が大量に地上へ排出される仕組みが出来上がってしまったというわけです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:地球温暖化の原因

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ